神様のご計画

記事は、五井先生ご帰神後に降ろされた原稿をもとに掲載しています。

愛のはたらき(1)

私はマイクの前に立って、こうやって皆さんの
顔を見ながら、何を話そうかとか、今日は
これについて話そうかとか、そういうことは一切
考えていないのであります。
だから、質問をどうぞというのは、質問を
きっかけにして、私は、神様のこと、神様が
どんなに人間を愛しているかということ。
で実は、神様の愛の働きによって人間が
生かされているということを伝える。
そういう場所に私がなるということ
なんであります。

だからいつか申しました様に、釈迦が来る
こともあるし、キリストが来ることもあるし、
老子が来ることもあるし、いろいろな人が
私の体に降りて来て、そうして、その方面の
ことをしゃべってそしてまた出てゆく。
だから、私の体というのはカラッポなんだとね。
私は、生命はもう神様の中へ帰しました。
帰した時に、とにかくまあキリスト教で言えば、
“御心のままになさしめたまえ“というあの主の
祈りの中の、ああいう気持ちになって。
自分がなったんじゃない、何か奥の方が
なって、そうして、そういう活動をなにかしら
させていただける様になって、今日になって、
今こうしてしゃべっている訳ですけれども。
私というものは一切無いんですね。
何があるかというと、神様の愛がある。
それだけなんです。
その愛というものは、私のためだけに
あるんじゃなくて、これは実は、我々
人間全体のためにある。
この地球世界の自然とか、いろんなものが
いろんな形で生きていますけれども、
それこそ、生きとし生けるものの有りの
ままの姿をそのまま生かして、さながらに
生かして、その生命が完うする様にという
ので、その愛が注がれている。
その愛の姿というものを、皆が、ああ
そうだなと思って納得して感動して、
そうして、それぞれが静かな想いになって、
神様というものにね、その想いをはせた時に、
皆が神の子なんだということになって
いきますでしよ。

そして次には、他愛ですね。
他を愛すること。
他を愛することというのは、自分のまわりを
確認できることなんですね。
自分のまわり、自分の生命が何によって支え
られて、まわりの人のいろんな親切だとか、
いろんな想いだとか思いやりだとか、
そういうものによって生きてる。
生かされているということを確認する。
この現実の世の中でね。
そして、自愛というのは、そういう感謝の
おもいを今度自分が確認して、そうして、
じゃあ何をすればいいかということになると、
自分を本当の意味で労わってね、そして
生きてゆく。
その自分を本当に労わるということの
中には、人間の心には、いろんな姿が
あります。
見たくない、こんな自分は確認したくない。
こんな自分は見つめたくないという想いが
ありますよね。
ですけれども、それをずっと見て、ああ
こういうやり切れないものを人間は
持ってるんだな。
そこが自分の中で確認できれば、人間
というものは高められてゆく訳。
          (翌日に続く)

守護霊について(6)

      (前日からの続き)
神界という所は、想いが浄まってるとか何とか
皆イメージで言うけれども、やっぱりいろいろな
高い魂の人たちがより集まって何を相談している
かといったら人間の進化なんですね。
人間の魂がどれ程今高まってるか。
どんな所で今止まっちゃってるか。
悩んでるか。
それを見ているんです。
人類世界というものを見ているんですね。
だから、どうすればいいか。
それをどんどん下に降ろしてゆく。
下に降ろしてゆくというのは、肉体人間の
想いの中に降ろしてゆく、その降ろして
いって降ろしていって降ろしていった
先っていうのは、肉体人間の子どもから
大人、老人に至るまで皆が唱えられる祈り
といったら、世界平和の祈りだから、これを
昇ってゆく時に何の苦もなくといったら
あれだけれども、多少の日常の苦しみは
あっても、魂そのものは非常に昇ってゆける。
高いところまでくることができる。
スイッチを切りかえて、霊体そのものが、
細胞一つ一つまで喜びが満ちあふれることが
できる。
そういう祈りでもって救済してゆく以外にない。
そういう時代に今立ち至っている訳です。

だから神界というのはね、非常に全部が調和
している世界であると同時に、まだ調和して
いない世界のことを見て、検討してですね、
そうして、そこに誰をもってったらいいか。
平和が完全に完成するためには何が足りないか、
誰が行けばいいか、誰をどうすればいいか
ということを常に考えている。
そういう世界な訳です。
そこで、守護霊さんも守護神さんも、神界の
高次元なそういうものを想いをうけてですね、
そうして、愛情というものね、愛というものと
平和というものが完成に向かってゆくために、
一歩でも二歩でもゆくために、皆休みなく
働いている訳ですね。

だけども、そういうことを抜きにしても
というか、そういうことは忘れてもらっても
いいけれども、取り敢えずともかくも、
守護霊さんというものは、本当に人間よりも
人間らしくといったらあれだけれども、
皆の生命が生き生きするためにどうすれば
いいか、という事を休まずに働いている。
いよいよ駄目になったら、私の所にやって
くるけれども。
しかし、人間を愛する、心配する、
そのために悩む。
その想いというものは本当に深い。
その祈りも深い。
そういうことを心に留めて、守護霊さん
守護神さんありがとうございます。
というあの言葉を出して下さると、
倍にも二倍にも光が注がれてゆく訳です。
その時に、自分の中の本体が輝いてくる
わけです。
          昭和63年5月5日
             五井昌久

守護霊について(5)

      (前日からの続き)
守護霊さんのことを言ってこのまま終わって
しまうと、じゃあ守護神さんはどうなんだ
ということに想いがいきますでしょ。
ですから、守護神さんのことも少し言いますと、
守護神さんというのはですね。
守護霊さんというのは人間の経験があるから、
人間の、我々肉体人間のいろんな想いを
手にとるようにというか、それこそわかる訳ね。
一心同体になってるからね。
その一心同体になりすぎて、疲れて、そうして、
疲れた守護霊さんのそのまた悩み苦しみね、
それをまたとってくれるというか、さらに
高次元の愛と光を注ぐというかしらね。
そういうものですよね。
そうして守護霊さんを元気にさせて、また、
人間のために一人一人のために働かせる。

守護霊も守護神もいよいよ困った時にはどう
するかというと、私のところに来て、私が柏手
とか何とかでもって、ここで浄めて、ついでに、
ついでにっちゃあ悪いけども、肉体の人間の方
まで、皆さんの方まで柏手で浄めてる。
そういう今、日常なんですね。
             (翌日に続く)

守護霊について(4)

        (前日からの続き)
我々の生命というものは、何によって生かされ
てゆくかと言うと、それは神様の愛によって生か
されてゆく訳ですけれども、それを手助けしてる
のが守護霊さんで、守護霊さんというのは、
守護神さんと一緒になって、その神様の愛の根元、
愛の根元なんていうとまたわかりにくいかもわから
ないけれども、その愛の元であるひびきに我々を
のせてく訳です。
あるいは、愛という流れの中にのせてって
下さる訳ですね。
で、私どもの会では、そのひびきとか、神様の
ひびきとか、神様の流れ、愛の流れというものに、
のりやすいっていいますかしらね、一体化
するために何が一番いいか。
ずっと私が修行させられて、そこで受けとら
せていただいたのが、世界人類が平和であります
ように、日本が平和でありますようにという、
あの祈りなんですね。
そして最後に、“守護霊さん守護神さんありがとう
ございます“と言った時に、守護霊さん守護神さん
というのは、ひょっとこう、私たちの本心を
あるいは霊体をですね、さあっとそのひびきの中へ
つれてって下さる。
のせて下さる。
そうして、その祈り言を肉体の私が、肉体の我が
唱えると同時に、天界の神界の私も同時に唱えると、
神我一体になってると、その時には、もう肉体の
自分だけじゃなくって、天地貫(つらぬ)いて
私というものがあって、その私というものは、
愛のひびきの中で神様と一つになってるんだ
ということなんです。
そして、そのひびきを手伝うというか、その
ひびきの流れにのせて、その光明をパーッと
振りまく、一番親しく、最後の最後までお手伝い
するのが守護霊さんですね。

だから、守護霊の愛というものは、これは
なまなかの愛じゃない。
これはもう本当に生命がけの、生命がけの
と言ったって守護霊は死にませんけれどね。
死なないけれども、そのくらいの覚悟の愛
なんですね。
しかも、肉体を経て来ているから、人間が
どれほど悩んで祈って、もうその想いが
かなえられない、願いがかなえられない、
自分はどうやって生きてったらいいのか、
家族をどうやってみてったらいいのか・・・
とかね。
あるいは、商売がうまくいかないとかね。
そういう現実のことだけじゃなしに、
精神的な面でも、自分はどうしたらいいのか
とかね。
いろいろつき当たって悩んで、ぶち当たって、
もうどうしようかという行き詰まりの
どん詰まりのどん底の想いを知ってる
訳ですよね。
知っているから、よけいにその光を
どうやったらこの人に出しやすいか。
ひびかせやすいか。
その人のことを知り抜いているからこそ、
守護霊というものは守ることができる。

そういう守り手に我々は守られている。
そうして、光のエレベーターにのって
祈ってる。
その幸せを得ている訳ですね 。
             (翌日に続く)



守護霊について(3)

       (前日からの続き)
人間というのは、業の世界の中でこうやって
息して生きてる訳ですから、この業の世界という
のは、この個人の業だけじゃなくて、地球全体の
業の現われの中の一つを人間が受け持っちゃっ
てる様なことになってますから、その業を、魂の
訓練というか、そういう神様の本然の愛という
ものを知らないものが、もし守護霊さんとして
ついたら、そっちの方が、守護霊さんの方が
潰れ死んじゃいます。
そうじゃなくって、その業にも負けない、
あるいはその業を光に変えてゆく、光明化
してゆく。
それだけの力と覚悟といろんなものが
備わってる人が守護霊さんになる訳です。

でも、守護霊さんになるといっても、守護霊
さんというのは、おおむね肉体人間の経験のある
人がなることが多いですから。
そうしますと、むこうへ行って、霊界に行って、
霊界には様々な修行場があります。
その修行場でまた修行して、そうして自分を
透き通らせて、想いを愛深くして、
それだけじゃなくって、誰々の守護霊につく
という場合は、その人のいろいろな想いを
受けとっても、その人と一緒になって悲しむ、
その人と一緒になって悩む、それだけの大きさ
というか深さというか、そういうものが
なければやはり守護霊さんというものは
務(つと)まらない。

なぜかというと、人間というものの癖を本当に
知り抜いていないと、あるいはその人という
ものを知り抜いていないと、守護霊さんという
ものは、とても導けるものじゃない。
あるいは、神様の愛というものを、エネルギー
というものを、光というものを、この地上に
送るというそんな大役は出来るもんじゃない
訳なんですね。
だから、それ程守護霊さんというものは、
つまり魂の大きな人。
単に幽体が大きいという訳じゃなくて、
愛の大きな人。
その愛というものは、神様から流れてくる愛。
それを受けとる力の大きい人。
そして、その愛を受けとって、その愛を注ぐ
ことが深い人。

人って言ってますのはね、人って言わないこと
には、これは皆さんに伝わりにくいから人って
言うわけでして。
大きく言いますと、流れですね。ひびきですね。
          (翌日に続く)

守護霊について(2)

         (前日からの続き)
記憶というのは、これはずっと前生、前々生と
さかのぼって行って、つまり、我々が肉体人間
になって修行をずっと重ねて行って、あらゆる
天命そのもの光そのものの光明体になるまでの
その修行、その途中途中で、例えばこの世の中に
50回生まれてくる人、100回生まれてくる人、
いろいろある訳ですが、その中での記憶を全部
いちいち持ってたら、人間というものは苦しくっ
てですね、この世の中に生きていられないから、
それを消してゆく訳ですね。
だけども、その中で、それぞれのかかわりの中で、
この人がついた方がいいなあ、この人を
この一生を貫かせるためには、こういう人が
守護霊さんとしてついた方がいいなというのを、
霊界の方で決めて、そして、それが例えば、
教師であるなら、子供たちと一緒に遊べるような
無邪気な、そうして霊性も高い、そういう人の
守護霊さんというものを、そうして、関わりの
ある人を連れてきてそこに付かせる訳ですね。
だから、よく私が申しますが、天才の仕事
というものは、あるいは天才でなくても秀才
でも鈍才でも構いませんけれども、我々の仕事
というものは、守護霊さんに助けられてやって
いるんだと。

例えば、音楽家の仕事であっても、その音楽家
ならずっと霊視してゆけば、バッハがついている
とかベートーヴェンがついているとか
シューベルトがついてるとかね。
あるいは滝廉太郎がついているとかね。
そういう何か、その道ですごい仕事をした人の
守護霊さんがついているという場合もありますし。

その守護霊さんというのは何かというと、愛念
なんですね。
あなたならあなたの一生、その人ならその人の
一生というものをよく知り抜いていて、そして
しかも、愛し抜いていて、そうして守り抜くと。

それは、この世の中へあなた方が出てくる前
から、そして、今度死んで肉体がなくなって
向こうの世界へ移って、向こうの霊界修行でも、
その守護霊さんというのはずっとあなたたちを
守ってついてゆく。
守護霊さんというのは休息がないわけです。
肉体人間というものは、ずっと眠らずに何日か
起きてらっしゃいと言えば、一週間もすれば、
人間は死んじゃいますね。
何故かというと、霊要素というものを眠ってる
間にこっちで(こっちでと言うのは霊界で
ですよ)、霊界で補給しないことには、人間
というのは生きてゆけないから、そこで眠らせて
生命をつないでゆく訳ですけれども、守護霊さん
というのは、そういう休息がないから、その人の
一挙手一投足どころか、一秒一秒一瞬一瞬の
その人の想いに付き合って、その想いの中に、
すこしでもきついものね、つまり、やりきれない
もの悲しいもの──いろんな想いが出てきた時に、
それをどんなふうにして消すか、軽くするか。
つまり、この世の中をただ単に肉体だけでは
なくて、霊の生命もですよ、全部含めて、どう
やったら生きやすくするかという事を四六時中
考えてる。

それはやっぱり、守護霊さんというものが
神様の愛というものを知ってて、そうしてその
愛念をよく知り抜いて、あるいは体でうつした
人だから、それが出来るんですね。
これはやっぱり、そういうことがわからない人が
守護霊さんにつくということはないんです。
そうでなかったら、守護霊さんの方が
潰れちゃいます。
            (翌日に続く)

守護霊について(1)

私どもの祈りの中にある最後に、守護霊さん
守護神さんという呼びかけがありますが、その
守護霊さんというのはどういうものか。
よく個人相談の時にでも、あるいは講話が
終わった後にでも、「先生、私の後ろに
誰がついているんでしょう?」と、こういうものは、
皆聞きたいものなんですね、それで、
「あなた、おじさんがついていますよ」とか、
「おじいさんがついていますよ」とか。
まあ見える限り、知らせていい限り、私は
知らせて安心してもらうということを
言ってるわけですが。

守護霊さんというのは、これは先祖さんの
たとえば悟った霊がつくとか何とか今までずっと
説明をして来ましたけれども、もっと言うと、
そのつながりというものを、人間のつながり
というものは、例えば、この世の中の肉体の
生命の何十年というそんなつながりの浅さ
ではなくて、守護霊さんと我々のつながり
というのは、実はこの世の中に出てくる以前から
ずっとある訳ですね、霊界の段階からある。

だから、生まれる前から知っている。
生まれる前からというと、こういう世界に
馴染みのない人は、じゃあ記憶のない前からか
ということになりますけれども。
            (翌日に続く)